2020年07月05日

先が不透明ながらもJリーグ再開にVリーグ日程発表(Vリーグ編)

そしてVリーグも7月で年度が変わって色々動きが見られる様になりました。

 
2020/21シーズンのVリーグ日程・大会要項が一部を除いて発表され、我がチームも新体制発表がなされ、始動した様です。
なにせ、ビッグサプライズが仕込まれているとは予想外でしたが(ウチにそんなお金があったなんてw)
古賀太一郎選手兼コーチ今後ともヨロシクお願いします。


色々動き始めたとは言っても、かごしま国体の延期に伴い国体予選は全て中止に、Vサマー(女子)およびVリーグジュニア選手権を始め、JVAの大会を含めてほぼ全滅。
リモート開催を始めたNBP&Jリーグと比較するとVの状況は真っ暗闇と言って良いでしょう。

そもそもアリーナ競技ですので、体育館は基本閉鎖空間。サッカー場・野球場と比べて三密を作り出す可能性が数段に高い筈。
防疫体制を取りながら観客を入れるにも、リーグ及び各チームの体力(資金力&マンパワー)が不足しているのは火を見るより明らかと言えます。
悪いことを言わないから、全部リモート開催で通すのが懸命な気がします。

日程的には、予定通りホーム&アウェー形式により近づいた組み合わせとなります。
但し、感染リスク拡大防止の為、土日で同じ対戦カードとなっているのが特徴ですね。
今までと違って、1会場2試合の場合でも土日でたすき掛け対戦をしない様になっています。
ホームは、墨田/駒沢に加えて10年振りに町田開催が加わりました。
アウェーは初お目見えの東広島に滋賀ウカルちゃんアリーナが目立ちますが、なんと言っても熊本が復活するんですね〜。
サントさん、小瀬と熊本は随分前に捨てたのではありませんでしたっけ?

熊本開催に関しては、観戦の可否に関わらず熊本ナイトの為だけに行こうかな〜
(当然リモート開催/チケット入手不可の場合、試合会場には近づきませんYO)

観客を入れ始めても、当分声出し応援は禁止される見込み。
応援団席チケットの割当があるかどうかも全く見当がつきません。
応援の方法もですが、勝利後の東京ブギウギだって、やり方を変えないとダメでしょうネ。
少なくともトラメガを、我々サポから渡して選手に使ってもらうのはNGでしょう(苦笑)


6人制に関しては、只々新型コロナウイルスが収束するのを待つしかないのが辛いところですね…
チケット入手も全く不明なので、今シーズンは観戦出来ないかも知れません。

(JFL&コミュサカ関連につづく)